ご予約はこちら

ご予約はお電話か
WEB予約システムよりお願い致します。

092-207-6480 WEB予約
診療時間 日/祝
9:30~13:00
14:30~19:30

【休診日】土曜午後、日曜、祝日

アクセス
MENU

入れ歯(義歯)

「毎日の食事を楽しく、自然に笑える」
そんな入れ歯をご準備しています

入れ歯(義歯)

「入れ歯は痛いもの」「しっかり噛めないもの」というイメージをお持ちで、我慢して使い続けている方も多いようです。 しかし、決してそんなことはありません。入れ歯はサイズや噛み合せなどを患者様のお口に合わせて作ることで使用感が大幅に改善します。

きどデンタルクリニックでは保険治療に加え、金属床義歯や、金属のバネを使わないで目立ちにくく、装着時の違和感も軽減できる保険外の入れ歯もお作りしております。

患者様のご希望にそって、それぞれの方にあったものをご提案しております。
お悩みがある方は是非ご相談下さい。

入れ歯は毎日の適切なお手入れが大事

入れ歯を長く快適に使うためには、毎日のお手入れで清潔に保つことが大切です。入れ歯は、お口に装着して使うものですから、衛生状態が悪いとほかの疾患にもつながることがあります。そのために正しいお手入れ方法を覚えましょう。

入れ歯をご利用の方の中には、歯磨き粉で入れ歯を磨いている方がいるようです。しかし、一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、入れ歯表面に細かな傷をつけてしまい、細菌やカビが繁殖する原因となることがあります。入れ歯の掃除は必ず専用ブラシと入れ歯洗浄剤を使用して下さい。

入れ歯の保険診療と自費診療の違い

入れ歯治療は、大きく「保険診療」と「自費診療」に分けられます。
保険診療は安価に入れ歯を作ることができますが、素材や形状が限定されます。一方、自費診療は自由に素材や形状を選ぶことができるので、患者様に合った入れ歯を作ることが可能です。

  • 保険診療の入れ歯
    • 使用できる素材が歯科用プラスチック(レジン)に限定される
    • 部分入れ歯は金属バネつきしか選べない
    • 総入れ歯は床が厚くなりがちで使用感が悪い
    • 入れ歯だということが気づかれやすい
    • 噛み心地が悪い場合がある
    • 費用が安価
    • 壊れやすいが修理もしやすい
  • 自費診療の入れ歯
    • さまざまな材質・形状の入れ歯の中から選べる
    • 金属床は薄くて軽く、装着感がよく、食べ物の温度も感じられる
    • 耐久性が高いが、形状によっては修理できないケースもある
    • 作製期間が比較的長い
    • 費用が高額

ノンクラスプデンチャー(金属のバネが無い)

柔らかく痛みが少ない入れ歯です。
保険の入れ歯のように金属のバネが見えないので、金具の見た目が気になる方にお勧めです。
お気軽にご相談ください。

金属床義歯

床の部分が、プラスティックではなくチタンでできた入れ歯です。
薄く作製することができるため、使用感もよく、食事の温度をより感じることができます。
お気軽にご相談ください。

自費の入れ歯のデメリット

自費治療のため、保険適用の入れ歯より高額になります。作製期間が比較的に長くなります。

入れ歯が合わなくなったら放置せずに早めの来院を

毎日の食事を楽しく、いつまでもご家族や友人と笑顔で過ごしていただくために、ご自分のお口にぴったり合った入れ歯を使用することが大切です。入れ歯の装着感は日常生活の質に大きく影響します。
入れ歯を長く愛用していただくために、当クリニックでは一度作ったら終わりではなく、定期的にご来院いただき、お口の中の状態に合わせて入れ歯の修理や調整をこまめに行っていくことをおすすめします。
少しでも違和感や破損に気づいたときは、ご相談ください。

ページトップへ