ご予約はこちら

ご予約はお電話か
WEB予約システムよりお願い致します。

092-207-6480 WEB予約
診療時間 日/祝
9:30~13:00
14:30~19:30

【休診日】土曜午後、日曜、祝日

アクセス
MENU

歯周病治療

歯や歯ぐきの健康を守りましょう

今現在、30歳以上の成人の8割が歯周病になっている、もしくは予備軍だと言われています。
歯周病は自覚症状が少なく、気付いたら進んでいることが多い病気で歯を失う原因になります。初期は歯ぐきに出血や腫れが起こり、進行すると歯を支える顎の骨が溶かされて支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまうことがあります。かつては重度の歯周病を「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼び、高齢者の病気だと思われていましたが、現在では若い人でも歯周病を発症しているケースがあります。
しっかりと治療し、予防することがとても大切です。

こんな症状ありませんか?

  • 朝、口の中がネバネバする
  • 歯みがきで血が出る
  • 歯肉が赤い
  • 歯がグラグラする
  • 食べ物が詰まりやすい
  • 歯が長くなった
  • 水がしみる

歯周病の進行

  • 健康歯

    日々の歯磨きで病原菌がすみつく歯垢をお口の中から除去することが大切です。歯磨きなどのケアに加え、歯科医院での予防処置を行いましょう。

  • 軽度歯周炎

    歯ぐきに軽い炎症が起こっている状態で、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が少し深くなっています。痛みはほとんどありませんが、歯磨きのときに出血することがあります。

  • 中等度歯周炎

    歯を支える顎の骨が溶かされはじめています。歯がグラついたり、腫れや出血したりするといった症状がみられるようになります。歯が浮いたように感じ、口臭がきつくなることもあります。

  • 重度歯周病

    顎の骨の大部分が溶かされて歯のグラつきが大きくなり、放置すると歯が抜け落ちてしまう可能性があります。グラつきのほか、膿や歯の痛み、強い口臭などの症状もでます。

歯を残すための検診-位相差顕微鏡による細菌検査-

顕微鏡を使い、お口の中のむし歯、歯周病リスクを悪くなる前にチェックすることも可能になりました。
歯周病・口臭が気になる方へお勧めの検査です。別途料金はかかりません。

顕微鏡を使用した歯周病治療

当クリニックでは、歯周病の治療に位相差顕微鏡を使用しております。 こちらを使用することによって、口腔内の歯周病菌の様子が実際に確認でき、また、現在の症状をより明確にすることが出来ます。

歯周病菌だけではなく、口腔内は数多くの細菌の温床となりやすく、それらが原因で口臭が発生することも多いため、それらを総合的に治療する歯周内科治療を行っております。

患者様に合った必要な検査をそれぞれご提案することも出来るようになりました。現在歯周病治療中の方だけでなく、治療後のメンテナンスの際にも是非お気軽にご相談ください。

むし歯や歯周病の予防に3DS治療をお勧めしています。

むし歯や歯周病に比較的なりやすい方に、むし歯菌や歯周病菌を除菌する治療「3DS」をお勧めしています。3DS治療は、予防効果を高める為に行う予防歯科治療です。専用のマウスピースに薬剤を注入し装着することで、直接患部を除菌し、歯石の定着を集中的に抑える治療です。 別途料金がかかりますので、ご相談ください。

ページトップへ